クレジットカード現金化ってどういう仕組みなの? | 基本の仕組みを学ぼう!

MENU

クレジットカード現金化の仕組みに関する画像

 

皆さんは、現金が必要になった時どのような手段を考えますか?

 

金融機関で借りる、お手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用する等、様々な方法がありますよね。

 

しかし、お金を借りるとなると面倒な手続きがあったり、そもそも審査に通らない可能性もあります。

 

そんな時におすすめしたいのが、クレジットカード現金化です。

 

こちら、面倒な手続きや審査もいらずに、カンタンな手続きのみで現金が入る夢のようなシステムなのです。

 

「いや、でも待てよ。審査もいらずにどうやってお金が手に入るの?怪しくない?」
「クレジットカード現金化って何?本当に安全なの?」

 

クレジットカード現金化の仕組みを知らないと、「どうやって現金が入るの?怪しくない?」と不安が強まるのは当然でしょう。

 

そんな疑問や不安を解消するために、こちらではクレジットカード現金化の仕組みについてご紹介させて頂きます。

 

クレジットカード現金化の仕組みはいくつかの方式に分かれており、その方式によってはメリットとなることやデメリットもあります。

 

方式の違いを知っておけば安全かつ便利に利用できるとおすすめできるので、こちらで詳しい仕組みを理解しておきましょう。

 

クレジットカード現金化の仕組み

 

クレジットカード現金化の仕組みに関する画像

 

そもそもクレジットカード現金化とは、簡潔に言うと「クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手に入れる」仕組みです。

 

「あれ、ショッピング枠って現金を引き出せないんじゃないの?」

 

そうなのです。ショッピング枠は商品を購入することは出来ますが、現金の引き出しは出来ません。

 

もう少し掘り下げると、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、売却したり商品自体にキャッシュバック特典を付けることで現金を入手するのです。

 

その仕組みはいたってシンプルなのですが、ベースとなる方式が2種類に分かれており、業者によって手順が異なってきます。

 

  • 商品買収方式
  • キャッシュバック方式

 

それぞれメリットや注意する内容もありますので、2種類がどのような仕組みとなっているのか早速見ていきましょう。

 

商品買収方式とは

商品買収方式は以下の流れで現金化されます。

 

  1. クレジットカード現金化業者に申込みをする
  2. 業者指定の商品をクレジットカードカードで購入する
  3. 業者に購入した商品を郵送する
  4. 業者は届いた商品を売る
  5. 売れた金額から手数料が引かれて現金が振り込まれる

 

カンタンに言うと、クレジットカードで購入した商品を業者が買収することで現金が入るという仕組みになっています。

 

では、この商品買収方式を利用したときのメリットやデメリットはどんなものがあるのでしょうか?

 

商品買収方式のメリット

商品買収方式のメリットは「必要書類を最低限で済ませられる」ということです。

 

身分証明書の掲示だけでクレジットカード現金化ができる

 

商品買収方式のほとんどが身分証明書の掲示だけでクレジットカード現金化ができます。

 

必要書類は1点だけで良いのね。でもなぜ身分証明書の掲示が必要?

 

実はこれは古物営業法に基いているためです。

 

例え、新品未使用でも一度利用者が購入した商品は「中古品」として取り扱われます。

 

その商品を業者が買収する形になるので、古物営業法に基づき身分証明書の確認が必要となるのです。

 

身分証明書の掲示は必要になりますが、金融機関のように複数の書類掲示はいらないので、シンプルに手続きができると言えるでしょう。

 

商品買収方式のデメリット

商品買収方式のデメリットは2点あります。1つずつ見ていきましょう。

 

現金が手に入るまでに時間がかかる

商品買収方式は、商品をクレジットカードで購入し業者に郵送するだけで2~4日程かかります。

 

そこから、業者が商品を売って振り込みがされるので、現金が手に入るまで数日はかかります。

 

即日で現金が必要であれば、おすすめできるとは言えません。

 

クレジットカード利用停止となるリスクが高い

商品買収方式の2つ目のデメリットは、クレジットカードの利用停止リスクが高いことです。

 

なぜ利用停止になるかというと、カード会社がクレジットカード現金化の利用を禁止しているからです。

 

なぜクレジットカード現金化を禁止しているの?

 

それは返済力がないと判断される利用者がいることが理由にあります。

 

例えば、キャッシング枠を全て使い切ってしまい、ショッピング枠を利用して現金を手に入れようとした時、その利用者は確実に返済できると保証できるでしょうか?

 

返済出来ない場合不利益となるので、そのようなことのないようカード会社はサービス自体の利用を禁止するでしょう。

 

そのため、カード会社にクレジットカード現金化を知られてしまうと利用停止となります。

 

なぜ商品買収方式はカード会社にバレるリスクが高い?

 

商品買収方式の場合、換金性の高い商品を購入し現金を手に入れます。

 

カード会社もクレジットカード現金化の仕組みをある程度把握しているので、換金性の高い商品の購入をすると「クレジットカード現金化しているんじゃないか?」と怪しまれるのです。

 

それに加え、キャッシング枠が目一杯な状況であれば余計怪しまれるので注意しなければいけません。

 

キャッシュバック方式とは

次はキャッシュバック方式の仕組みも見ていきましょう。

 

キャッシュバック方式は以下の流れで現金化をします。

  1. 申込み手続きを行う
  2. 現金化業者の指定している商品をカードで購入する
  3. 商品を購入した特典として手数料が引かれたキャッシュバック金額が振り込まれる
  4. 後日商品が届くので受け取る

キャッシュバック方式は商品買収方式とは違い、商品を購入した特典として現金が振り込まれます。

 

身近な例で言うと、電気屋で「●●を購入すれば1万円キャッシュバック」等のキャンペーンを耳にしたことはありませんか?

 

そのシステムと同じような仕組みと考えていただければ想像しやすいかと思います。

 

キャッシュバック方式のメリット

では、キャッシュバック方式にはどのようなメリットがあるのでしょうか。早速見ていきましょう。

 

手間いらずで即日現金が手に入る!

キャッシュバック方式では商品購入の確認ができれば現金が振り込まれるので、即日現金を手に入れることができます。

 

商品買収方式だと商品を郵送する手間がいったり現金振り込みまで数日かかるので、キャッシュバック方式は手間も時間も大幅に削減できると言えますね。

 

業者によっては数十分で入金してくれる場合もあるので、急ぎで現金が必要な場合、キャッシュバック方式がおすすめです。

 

クレジットカードの利用停止リスクが少ない

キャッシュバック方式で購入するほとんどの商品は数百円相当の品です。

 

キャッシュバック特典として現金が入るので、商品自体は商品買収方式のように換金性の高い品でなくてもいいからです。

 

そのため、カード会社に怪しまれるリスクも低いと言えるでしょう。

 

キャッシュバック方式のデメリット

キャッシュバック方式は即日現金が手に入り利用停止リスクも低いので魅力に感じる方もいると思いますが、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

1つずつ見ていきましょう。

後日商品を受け取らないといけない

キャッシュバック方式では商品を購入した特典として現金が手に入るため、商品の受け取りをしないと架空の取り引きになってしまいます。

 

そうすると取り引きが成立しないので、後日送られてくる商品は受け取りましょう。

 

商品受け取りが必要なことは分かったけど、受け取りの時に家族に見られて怪しまれないか不安。

 

心配はいりません。業者によっては、自宅以外で商品の受け取りが可能です。

 

主な受け取り指定場所は以下になります。

  • 近くのコンビニを指定して受け取る
  • 郵送会社で受け取る

あらかじめ受け取り場所を伝えておけば対応してくれる業者もたくさんありますので、相談してみると良いでしょう。

 

クレジットカード情報も必要になる

キャッシュバック方式でクレジットカード現金化をする場合、以下の2点の情報を掲示しなければなりません。

 

  • クレジットカード情報
  • 身分証明書

 

クレジットカード情報が必要な理由は、業者の所持しているカード決済端末で決済をしているためです。

 

これは、普段の買い物で支払い方法をクレジットカード決済で選択したら、必然とクレジットカード情報を相手先に渡しますよね?

 

そう考えると、キャッシュバック方式でも同じようなことが言えます。

 

また身分証明書の掲示が必要になるのは、本人のクレジットカードであることを証明するためです。

 

他人のクレジットカードを悪用して現金化するような悪質な被害がないよう配慮しているのです。

 

このような正当な理由があり2点の情報が必要になるのです。

 

とは言え、商品買収方式とキャッシュバック方式いずれにしても情報の掲示が必要になるので、個人情報が気になる方もいるかと思います。

 

後ほどご紹介しますが、個人情報を厳しく取り扱っている業者がありますのでご安心してください。

 

キャッシュバック方式でするクレジットカード現金化が安全・安心

 

クレジットカード現金化するならキャッシュバック方式をおすすめする画像

 

クレジットカード現金化の仕組みについてご紹介させて頂きました。

 

商品買収方式、キャッシュバック方式それぞれ特徴がありその中でメリットもあればデメリットも生じてきます。

 

自分に合う方法でクレジットカード現金化をするのが一番ですが、「結果、どっちでするのが良いの?」と思う方もたくさんいるでしょう。

 

管理人個人の意見を言わせて頂くとキャッシュバック方式でするクレジットカード現金化がおすすめです。

 

なぜキャッシュバック方式のクレジットカード現金化がおすすめ?

 

そもそも、クレジットカード現金化を利用する目的は現金を手に入れることです。

 

もし、カード会社に利用がバレてしまえば、クレジットカード利用停止となるだけではなく未払金の一括請求がかかる恐れもあります。

 

そのリスクが高い商品買収方式は安全とは言えません。

 

また、現金が手に入るまでに時間がかかりますし、商品を郵送するといった手間も増えてきます。

 

キャッシュバック方式ならカード会社にバレるリスクも低いですし、手間いらず即日に現金が手に入るのでおすすめです。

 

キャッシュバック方式がおすすめなのね。

 

でもキャッシュバック方式を選ぶと言っても、業者にも良し悪しがあるでしょう?どこかおすすめの業者はある?

 

数あるクレジットカード現金化業者の中から1つを選ぶって大変ですよね。

 

特に急ぎの場合、業者選びをするだけでも時間がかかるので「そんな手間は省きたい!」と感じるでしょう。

 

そこで、管理人がおすすめする業者をついでと言ってはなんですがご紹介させて頂きます。

 

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者はハピネスがおすすめ!

 

クレジットカード現金化するならハピネスをおすすめする画像

 

数あるクレジットカード現金化業者の中で管理人がおすすめする業者は「ハピネス」です。

 

この業者ですが、数あるクレジットカード現金化業者の中で利用者から優良店として高い評価を得ているのです。

 

その理由は以下にあります。

 

  • 業界の中でも高い換金率!
  • 24時間営業で即時入金が実現できる
  • 親切な接客で初めてでも安心!現金化のプロが最適なプランを案内
  • 個人情報の管理を徹底

 

この他にもハピネスは、先ほどお伝えした商品の受け取りを自宅以外にしてくれる業者なので、家族に怪しまれたくない方には最適です。

 

また、ハピネスでは最大5,000円のプレゼントキャンペーンを開催中です!

 

適用条件はハピネスの利用が初めてということなので、今まで別の業者でクレジットカード現金化をしていた方でも利用できます。

 

ハピネスの現金化の最新評価 | 優良店の実態を徹底的に調べた結果】ではハピネスを実際に利用した最新評価を知ることができるので、よろしければご覧ください。

 

また、【ハピネスの現金化がリピーター率88.2%を達成した4つの理由を解説】ではハピネスの魅力を詳しく知ることができるので、合わせて参考にしてみてください。

 

ハピネスは業者の中でもトップクラスの良質なサービスを提供しているとおすすめできるので、この機会に利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

ハピネスの公式サイト

関連ページ

ハピネスで購入する商品
ハピネスで送られてくる商品について徹底的に解説いたします。ハピネスの現金化でどのような商品が送られてくるのか。また、自宅以外に商品を配送する方法も一緒に解説しますので、是非ご覧ください。
ハピネスの換金率
ハピネスでする現金化で適用される実際の換金率について完全暴露します。ハピネスで現金化を考えている方はこちらの記事で事前に換金率について知っておきましょう。
ハピネスの4つの魅力
ハピネスの現金化がリピーター率88.2%を達成できた4つの理由について解説します。ハピネスの現金化の魅力を知りたい方はこちらの記事でハピネスについて知ってみてください。
ハピネスの本人確認の手順
ハピネスの現金化の最新評価を実際に利用して割り出しました。口コミで優良店と評判の高いハピネスの実態を暴きますので、ハピネスの現金化の換金率・スピード・接客対応を知りたい方はこちらをご覧ください。
ハピネスの口コミ
ハピネスで実際に現金化をした利用者の口コミ評判をまとめました。ハピネスのリアルな評価を知りたい方はこちらでハピネスの口コミ評判を確認してみてください。